ゆうの一言
  

ここではうちの娘のゆう(いま5才)の一言をどんどん紹介していきます。
リンクの写真はゆう印のメロンです(合成写真じゃなくコイタが作った本物です)。
(ゆう4才のセリフはこちら。)



太宰府天満宮でおみくじひいてると・・
「それ、あたり?はずれ?」

「でほこぼ道でもへっちゃら」
 
「むさしと、とじろう」
  おしい

「ひなたごっこ」
  まあ、そんなもんだ。

「これはきょう食べて、こっちはきのう食べよう」
  過去未来形。


ちゃかし気味に「ゆう、すごいじゃない」と言ったら
「そういういいかた、やめてくれる」
さらに続けて
「じごくにおちるわよ」

じいちゃんの家にひとりで泊まりに行って
私が「あした、迎えに来るから」って言ったら・・
「それはありがたい」

これはゆうじゃなくて保育園のゆうきくん
(かわいい顔した男の子)のセリフ
「ゆうちゃんパパ、ぼくゆうちゃんとけっこんすることにきめた」
後でゆうに聞いたら「わたし、まだきめてない」だそうです。

フランス料理屋さんごっこで
「なにがいいですか?」
コ「ワインを下さい」
もぐもぐ
コ「ごちそうさま。いくらですか?」
「20円になります。」

いつまでも寝ないのでしかると・・
しばらくして手紙を持ってきました。
「よるしずかにしなくてごめんなさい  ゆうより」
って書いてありました。


しりとりで・・・
「ズボンぷれっしゃー」
さらに
「おんぷヒーター」

10円玉を手に持って手品のまねをして
「さあ、このインコがきえます!」

名古屋の土産の味噌煮込みうどんを見て
「これカレー?」

ゆう「にせもの人間」
「なんだいそれ?」
「洋服売場にあるやつ」
マネキンのことでした。

「お昼に牛丼でも食べるか」と言ったら
「うどんはきらい」
「へ? なんで」
「ぎゅうどんにはうどんが入ってるでしょ。」ですって

「アルプスいちばんじゃく〜
こやぎのう〜えでアルプスおどりを
さあ踊りましょ!」
すいぶん違うぞ


ちょっとは高度?になりましたね。
ゆう4才のひとことはこちら


     ホームに戻る